四柱推命の偏財から日本人が学ぶべきこと

四柱推命では特に財の変化というものが明確化される占術としても有名です。
ここでは流年の中の偏財というタイミングについて紹介をしていきましょう。
この偏財というタイミングでは、投資などを行うのに適したタイミングだと言われています。
物を獲得しやすい時期であったり、例えば事業を行っている場合には、新しいジャンルの事業に手を広げ、拡大を図るのに適したタイミングがこの偏財という時期になるのです。
自分の勢力というものを拡大するためには、ベストなタイミングなのです。
投資をして自分の財というものの拡大を図れる時期。
更には前述にもある通り、これまで手をつけていなかった未分野の事業に手を出し、拡大をするタイミングなのです。
積極的にアクションを起こすことで、仕事面ではそれがことごとくうまくいき、財が増えていく失敗が少ない時期になるのです。
トラブルが少ないわけですから、例えば仕事ばかりではなく、自身のマイホームを建築するのに適したタイミングでもあり、これまでのマイホームを改装したり改築するのにもベストなタイミングだと言われているのです。
ただし地道な努力が必要な受験勉強や、資格試験取得の時期としては、何事もうまくいき、気持ちに油断ができやすく他に目移りがしやすい時期とも言えるため適さないとも言われています。

関連ページもチェック

    None Found

サブコンテンツ

このページの先頭へ