風水は現代日本を象徴している

自宅を建てる時には、昔から鬼門を避けて扉を置かないというようなことを気にしてきたものです。
これは風水の発想から来ているものなのです。
しかしながら、正確には、風水が生まれた中国の風水とは違い、日本や韓国では風水についても、独自に発展してきたという背景があるのです。
そもそも中国と日本や韓国とでは、土地の広さに大きな違いがありますよね。
日本と韓国は、土地が狭く、限りあることに対して、中国は比べ物にならないくらいに面積が広いという違いがあるのです。
狭い土地の建築物というものは、どうしても間取りというものが制限されることになるのです。
玄関がどうしても鬼門の上になってしまったり、お風呂やトイレといったものも、風水的には運勢が悪い所になってしまうことも少なくはないのです。
しかしながら、限られた土地で風水的に良いもの建てようとした場合には、やはり不可能に近い所があるのです。
また風水的にはベストな間取りを有していたとしても、実際の使い勝手というものが悪ければ、リラックス出来る住居とはいえなくなりますね。
しかしながら、なんとなく過ごしづらいといったものを感じたり、違和感を感じるようであれば、風水に基いて間取りを考えた方がいいと言えるでしょう。

関連ページもチェック

    None Found

サブコンテンツ

このページの先頭へ